起業メンタル大全

立花岳志さん著

起業メンタル大全

を読んだので紹介します。

始めに

この本との出会いはフェイスブックでどなたかが紹介していた投稿を見たのがきっかけだと思います。

ちょうどメンタル面をもっと強化したいなと考えていて、タイトルを見て即決でアマゾンで買いました。

なかなかに分厚い本なのですが、著者が独立して試行錯誤しながら確立してきた、
「起業家に必要なメンタル」が網羅的されていて非常に勉強になりました。

またツイッターの方で何げなく、この本に書かれていた内容についてちらっと投稿したツイートに、
著者の立花さんがコメントをしてくれて驚きました。

書評をブログに書こう書こうと思いながらもなかなか時間を取れずにいたのですが、
これを機に書評を書きます。

立花さん、ありがとうございます!

SNS全部戦略

この考え方が印象的でした。

あまりSNSは好きではなく、Tik TokやInstagramは見ていませんでした。

私が利用しているのはビジネスに必要なFacebook、LINE、あとは勉強や娯楽のYouTube。


ですが、起業家であればやはり認知が必要。そしてお客様に選んでいただくことが必要です。

そのために、「SNS全部戦略」をとって幅広く認知をとっていく。

この考え方を受けてSNS活用に関して決めたことをまとめます。


〇ブログ

投稿頻度:毎日投稿(平日)(文字数に関わらず)
立ち位置:私に興味を持ってくれた方にファンになってもらうために、役に立つ情報、心を動かすこと、共感してもらうための記事を投稿する。
内容:書評、日々の生活からの気づき、活動記録の詳細

〇Facebook

投稿頻度:毎日投稿(平日)
立ち位置:起業家が多く、自分より年齢が上の方が多い。仕事に繋げていくために、専門知識や実績、ITに強いこと、助けになることを伝えるために信頼性を高めるための投稿をしていく。
内容:ブログシェア、セミナー開催の報告、セミナーなどの告知、LINE公式アカウントの活用に関してのお役立ち情報、便利なITツールの情報、お客様の声


〇YouTube

投稿頻度:毎日投稿(平日)
立ち位置:ブログの動画版。低労力で低時間で撮影。クオリティにこだわらず、継続。
内容:ブログの内容を動画で届ける。動画が一番人柄が伝わるため。


〇Instagram

投稿頻度:毎日。(平日)
立ち位置:まだ曖昧。若い層に認知をとっていく媒体。
内容:仕事とプライベートと両方を出していく。


〇Twitter

投稿頻度:毎日。
立ち位置:同業種や若い層がいる。一緒に頑張る仲間に刺激を受けたり、情報収集に活用。
内容:ブログのシェア、仕事をしていて思ったこと、日々の気づき(iPhoneのメモに書きがちだがこちらに投稿)


〇LINE公式アカウント

投稿頻度:週に一度。火曜日の夕方20時に配信予約する。(金曜日中に)
立ち位置:過去に関わってくださった方が登録している。信頼関係を築き、仕事に繋げられたら。
内容:セミナー開催報告、セミナーの告知、お客様の声の抜粋、仕事の経験、LINE公式やITツールに関するお役立ち情報、プライベートについて



以上です。
継続できるだけ、継続していきます。

決めてやるが大事。まずは1ヶ月。

もし、
「今日はスケジュールがパツパツでもう22時だ。疲れた~。」
なんて時が訪れたら、

今日のしたことの報告を10分でブログに書き、10分でYouTube撮影・アップロード、FacebookとTwitterにシェアをする。
やり遂げて、寝る。


さらにもし、
「夜遅くに電車で出張から帰ってくる」
なんて時が訪れたら、

電車の中で記事はメモに書く。帰宅したらすぐに10分でブログに書き、10分でYouTube撮影・アップロード、FacebookとTwitterにシェアをする。
やり遂げて、寝る。


DaiGoから教わったイフゼンルールを活用して、継続していきます。

発信についての考え方

上の章で発信を続けていく、ということを書きましたが、私は2度発信に挫折しています。
(そんな大それたものではないですが、発信の継続が2度途切れた経験があります。)

1度目は半年ほど続いた、個人ブログやTwitterでの発信。

2度目は2ヵ月ほど続いた、当ブログでの発信。


文章を書くこと自体は嫌いではないんです。

自分の考えを整理できる貴重な機会ですから。


特に私は頭の中でポンポン色々考えてしまうので、絶対にアウトプットして整理することが必要だと感じています。

継続が止まった2回とも、集中したいことが出てきて、ブログに時間を割けない!
となって中断した記憶があります。

(理想は「集中したいことや考えていること」についても全てブログに書ければいいのでしょうが😅)


起業家として成功していくために「情報発信」は自分という存在の証明(起業家は自身が商品)のため、
そして過去に関わった方に思い出していただくためにかなり重要な要素です。

大事だと思っていることがなかなかできていなかったことに、コンプレックスを感じているところもありました。


この本は、私が発信についてモヤモヤしているところを晴らせてくれた印象があります。


本にあった文言で言うと、

・学び(読書やセミナー受講)はアウトプット前提で受ける。
・発信することでさらに学びが加速し、「勉強家」というブランディングになる。
・ブログは最強のセルフブランディングツール。
・認知の段階では堅苦しく考えず、自身が「良かった」「誰かに伝えたい」というメッセージを発信するだけで良い。
・ブログには、好きなこと、強み、習慣を書く。(意識することは読者の役に立つこと、心を動かすこと、共感得られること)

上記が特に私に響いた部分になります。

発信の大事さを再確認し、発信を継続していきます。

最近、顔相天命学師の方に「あなたは発信が天命です」なんて言われたので、真に受けて継続します。
※こちらについても後日、記事にしたいと考えています。

1日1新

この考え方は文字通り、1日に1つは新しいことをしようよ、という考え方です。

武井壮さんも同じようなことをYouTubeで話していて、感銘を受けた覚えがあります。

毎日がルーティン化して、ただ毎日が過ぎていき、気づいたら年を取っていた。

人間にはそんな傾向があるので、意識して新しいことにチャレンジしていく。

そうすることで日々発見や気づきを得ていけて、人生も豊かになっていくということです。


私もそういえば効率化しか考えておらずだったなと反省しました。

ここを読んでから、娘の保育園の送迎時にいつもと違う道を通ったり、今までお金を使ってこなかった衣服にお金を使ったりしています。

いつもと同じことをしていても、いつもと同じ結果しか得られない。

いつもと違う理想の状態を得たければ、いつもと違う行動、考え方をしていくしかない。

そんなことを先輩経営者に教えていただきました。


1日1新を心掛けて、人生をより豊かにしていきます。

まとめ

発信、大事だな~やらなきゃな~と思いながらなかなかできなかった私の背中を押してくれた本でした。

この本を読んで、立花さんが言うように「等身大の自分を、正しく発信」していきたいと思いました。


起業すればワークスタイルがライフスタイルになります。

すべてを自分でデザインできる自由がある代わりに、成果を出さなければ淘汰される環境です。

成果を出し続けるために、お客様に更なる価値を提供していけるように、起業家としてさらにレベルアップしていきたいと思わせてくれる本でした。


オススメします!!



(執筆時間 1時間半)

Follow me!

コメントを残す